本当にあった着物の話

着物を引き立てる半襟について侮ってはいけません

半襟は襦袢に縫いつけて、着物の襟元から見せる小道具のことです。 着物を引き立てるためにも、半襟の選択はとても重要です。特に大切なのは色合いで、着物と半襟を同系色にすれば全体的にまとまりが良くなりますが、反対の色を選ぶことによって、互いの魅力を引き出すこともできます。明るさ、暗さなど、わずかな違いによって、まったく印象が異なることは多々ありますので、組み合わせを決める時には、細心の注意を払う必要があります。 また、半襟にはさまざまな種類があり、白無地もあれば、色無地もあります。ほかにも、総刺繍をしてあるもの、ワンポイントのマークがついているものなど、あらゆる模様を楽しむことができます。そのために、着物とのバランスが非常に大切になりますので、コーディネートに自信がない場合は、着付け講師から学んだり、雑誌を読んだりすることが大事です。尚、インターネットで検索すれば、着物と半襟の画像をたくさん見ることができますので、とても参考になります。