本当にあった着物の話

独特の名称があるのが着物というものです

着物は日本の民族衣装であり、伝統的な装いでもあるのです。しかし日本人の着物離れが深刻であり、呉服のことを良く知らない人が非常に多いものなのです。洋服を毎日着用していると、なお一層呉服の名称についても知らないことがたくさんあるのです。着物には、洋服では決して見ることのできない身八口という名称のものが存在するのです。丁度脇のあたりに位置するところにあり、切り込みが入り開口部になっているのです。この身八口が着物にあることで、通気性がよくなり、呉服を着用していても蒸れにくく快適に装うことができるのです。このように洋服には見られない名称のパーツがあるほかに、着物は洋服とは異なる平面構造をしているものなのです。洋服は立体構造が基本でハンガーにつるしてクローゼットに収納するのに対し、着物は折りたたんでコンパクトに桐ダンスに収納するのが基本スタイルなのです。このように同じ装いでも洋服と呉服では様々な違いを見ることができるのです。